1. HOME
  2. 事業案内
  3. 臨床研究支援
  4. データマネジメント
  5. データの電子化

臨床研究支援

CLINICAL TRIAL

データマネジメント

データの電子化

カルテのデータを、臨床研究の解析用のデータとして固定するまでに、データの電子化処理をしなければなりません。

単施設かつ電子カルテの場合には、スムーズに該当データを抽出して解析用データとできる場合もあるかもしれません。
しかしながら、電子カルテは保険点数の請求には長けていても、必ずしも臨床研究に適した仕様とは限りません。
そのため、カルテのデータを解析に適した形に変換する工程が必要となります。

多くの研究では、医師が症例報告書へ手書き後、業者が手入力して電子化する、もしくは医師が直接EDCへ入力する。という工程を経て、データが電子化されます。しかし、この工程は、時間がかかる、転記ミス・入力ミスがあるといった課題があります。

当社では、「スマホで撮影して転送する」「PDFを送る」「印刷物を送る」のいずれかの方法で被検者情報(検査値・投薬情報など)を入手し、システムによる自動判読と人による入力を照合することで、早い・正確・安価なサービスを展開します。この方法の場合、施設へのお問い合わせが生じなくなるため、先生やスタッフのみなさんのお手を煩わせることが少なくなります。

是非、早い・正確・安価な、当社の電子化サービスをご利用ください。

スマホで撮影して転送するだけの、「TORUDAKE」の詳細はコチラ